早期発達支援コーディネーターとは

子どもの発達とその支援に関する知識と経験を有しており、子どもの発達および家族の支援を適切に行える人材で、かつ、子ども・家族の支援に必要と考えられる関係機関を調整し、支援をコーディネートできる人材であることを示す認定資格です。資格認定機関は、本学会です。

受講条件

早期発達支援コーディネーター資格取得のための講座を受講する条件としまして、以下の項目を満たす必要があります。

  1. こども家族早期発達支援学会の一般会員、あるいは正会員であること
  2. 早期発達支援士資格を取得していること

講座一覧

領 域 講座
コード
講 座 名
発達・言語 C-001 発達を支援するということ〈応用〉
C-002 現代社会における発達支援〈応用〉
医療・保健 C-003 発達障がい・愛着障がい〈応用〉
C-004 医療機関における早期発達支援〈応用〉
心理・アセスメント C-005 乳幼児期の発達の心理検査とインフォーマルアセスメント〈応用〉
C-006 個別の支援ニーズに関するアセスメント〈応用〉
療育支援 C-007 環境の支援・行動の支援〈応用〉
C-008 感覚の支援・運動の支援(ユニバーサルデザインの遊び)〈応用〉
コーディネート C-009 関係機関(医療・福祉・教育)をつなぐ就学支援〈応用〉
C-010 乳幼児教育現場での支援(個別支援計画)〈応用〉
家族 C-011 家族を支える福祉〈応用〉
C-012 家族を支える司法

受講料

講座受講料  1講座:4,400円(税込)(12講座 52,800円(税込))

※2020(令和2)年4月より消費税10%が加算となります

資格取得条件

資格取得条件として、以下の項目をすべて満たす必要があります。

  1. こども家族早期発達支援学会の一般会員、あるいは正会員であること
  2. 早期発達支援コーディネーター資格取得講座の12講座をすべて受講していること
  3. 早期発達支援士資格取得後、本学会主催の学術集会に1回以上参加していること
  4. 早期発達支援士資格取得後、2年以上の実践(原則として有償の勤務であること)を有すること
  5. 本学会での研究発表、または学術誌への論文掲載をしていること
  6. 自身が支援を行った事例についてスーパーバイズ※1を受け、事例報告書を2通(1事例1レポート、2事例挙げること)提出すること
  7. 書類選考、口述審査※2に合格すること
※1 実践事例に関するスーパーバイズは、学識経験者などによるものでなければなりません。ご自身が対応した支援事例について相談し、「スーパービジョン証明書」にスーパーバイザーの記名、捺印をしてもらいます。この証明書は資格申請時に必要となります。1回以上のスーパーバイズを受けてください。
※2 口述試験は、早期発達支援コーディネーター資格取得講座受講者による聴講があります。聴講されている方からの質疑応答もあります。ただし、受験者数によって、聴講を行わない場合もありますので、ご了承ください。口述試験の聴講を希望される方は、事務局までお問い合わせください。
(聴講料 1人 1,100円(税込))

資格取得時の諸費用

資格審査費用 22,000円(税込)
認定費用 33,000円(税込)
※認定資格には有効期限があります。取得後5年経過した場合には、更新手続きが必要となります。
資格更新手数料 11,000円(税込)

※2020(令和2)年4月より消費税10%が加算となります


早期発達支援コーディネーター講座の申し込み手続きに関するご案内 ⇒会員専用サイト

(会員専用サイトは入会した方のみ閲覧できます)


2020年度 講座案内

新型コロナウイルス感染拡大の危険が続いております。そのため、こども家族早期発達支援学会は、すでにお知らせしている開講スケジュールを大幅に変更することとしました。
また、受講方法もZoomを使った《オンライン講座》とさせていただくことになりました。受講を希望される方は、内容をご確認のうえ、申し込み手続きを行ってください。⇒会員専用サイト


2020年度 早期発達支援コーディネーター資格取得講座《オンライン講座》

◆時間帯 ①10:00~11:30 ②12:30~14:00 ③14:30~16:00

日付 時間帯 領域 講座名 担当講師
7月19日
(日)
発達・言語 C-001:
発達を支援するということ〈応用〉
藤原里美
発達・言語 C-002:
現代社会における発達支援〈応用〉
藤原里美
心理・
アセスメント
C-005:
乳幼児期の発達の心理検査とインフォーマルアセスメント〈応用〉
藤原里美
7月24日
(金・祝)
医療・保健 C-004:
医療機関における早期発達支援〈応用〉
田中哲
医療・保健 C-003:
発達障がい・愛着障がい〈応用〉
田中哲
家族 C-011:
家族を支える福祉〈応用〉
佐々木沙和子
7月25日
(土)
療育支援 C-007:
環境の支援・行動の支援〈応用〉
星山麻木
療育支援 C-008:
感覚の支援・運動の支援(ユニバーサルデザインの遊び)〈応用〉
星山麻木
心理・
アセスメント
C-006:
個別の支援ニーズに関するアセスメント〈応用〉
星山麻木
7月26日
(日)
家族 C-012:
家族を支える司法
鹿野真美
コーディネート C-009:
関係機関(医療・福祉・教育)をつなぐ就学支援〈応用〉
藤原里美
コーディネート C-010:
乳幼児教育現場での支援(個別支援計画)〈応用〉
藤原里美

※急きょ講師が変更となる場合がございます。ご了承ください。

講師紹介

講師 星山 麻木(ほしやま あさぎ)
明星大学 教育学部 教授/音楽療法士
人と人とをつなぎ、一貫した支援ができる人材育成を目指して、こども家族早期発達支援学会を設立。 個の違いを生かすエコロジカルデザインや、参加者同士がともに育ちあう協働学習を提起している。
著書:ユニバーサルデザインの音楽表現(萌文書林 2015)ほか

講師 藤原 里美(ふじわら さとみ)
一般社団法人 チャイルドフッド・ラボ 代表理事
臨床発達心理士/自閉症スペクトラム支援士
実践を大切にする療育のプロ。支援の必要な子どもと家族に安心を届けるために奮戦している。こども家族早期発達支援学会の副会長を務める。
著書:はじめての療育(学研教育出版 2015)ほか

講師 田中 哲(たなか さとし)
子どもと家族のメンタルクリニックやまねこ 院長/医師
人間の発達にとって【心の骨組み】が大事、その原点を培うものは【あたたかなまなざし】だと主張する、児童思春期精神医学を専門とするドクター。
著書:発達障害のある子を理解して育てる本(学研ヒューマンケアブックス 2015)ほか

講師 佐々木沙和子(ささき さわこ)
帝京大学 教育学部 助教
子どもや保護者一人ひとりに応じた支援のあり方に着目し、特にソーシャルワークの視点で検討した研究を行っている。

講師 鹿野 真美(しかの まみ)
うなての法律事務所 弁護士
東京弁護士会所属 弁護士 (2000年10月登録)
日本弁護士連合会 高齢者・障害者権利支援センター、NPO法人 就労継続支援A型事業所全国協議会、学校安全全国ネットワーク等、これまでの弁護士像・弁護士業務にとらわれず、様々な個性の持ち主が、その人なりに活き活きと暮らせる社会を夢見て、幅広く活動している。

(敬称略 2020年1月末現在)

受講上の注意

  1. この講座は《早期発達支援士》資格を取得した方が対象です。
  2. 受講の際には、パソコン(マイク・カメラ機能付き)またはスマートフォン・タブレットを使用します。(パソコン使用を推奨)
  3. オンライン講座は、参加者のお名前と、映像が共有されます。研修中の内容を録画、録音、写真撮影、SNSへの投稿は、個人情報の漏洩防止上、禁止とします。
  4. 受講された講座のポイントは、3年経過すると失効します。その際には、再度同じ講座を受講する必要があります。資格申請手続きは、受講開始から3年以内に行うことをお勧めします。
    ポイント失効については、年度単位で管理しています。
    例)2018年12月受講分 → 2021年3月末(2020年度末) ポイント失効
    例)2019年6月受講分  → 2022年3月末(2021年度末) ポイント失効
  5. 各講座の申し込み期間・手続き方法については、会員専用サイトをご覧ください。(会員専用サイトは入会した方のみ閲覧できます。)


ご不明な点がございましたら、学会事務局までお問い合わせください。
【お問い合わせ】star@kodomokazoku.org